ホルモンバランス 乱れ ビキニライン 黒ずみ

ホルモンバランスの乱れによるビキニラインの黒ずみについて

ビキニラインが黒ずみを引き起こすのはメラニン色素の沈着で、メラニン色素を生成する原因となるのは主に下着などの摩擦や脱毛処理によるダメージです。

しかし、これらの原因以外に女性ホルモンのバランスもメラニン色素の生成に関わっています。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つの種類があり、これらのホルモンの分泌量が交互に優位になることでバランスを保っています。
ですが、女性ホルモンはあらゆる要因によって分泌バランスが崩れやすいという特徴があります。
例えば生理や妊娠でも崩れますし、睡眠不足やストレス、疲労などでも分泌のコントロールが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、本来ならエストロゲンの分泌量が増える時期でも、プロゲステロンの方が分泌されてしまいます。

 

プロゲステロンというのは、メラノサイトを活性化させる働きを持っています。
メラノサイトはメラニン色素を作り出す色素細胞なので、これが活性化するとメラニン色素の生成が活発になってしまうのです。
メラニン色素が大量に作られると、排出のサイクルが追いつかなくなって色素沈着が引き起こされます。
ホルモンバランスの乱れによって起こる黒ずみはビキニラインだけではないのですが、ビキニラインの肌はとてもデリケートで、他の部位に比べると刺激を受けやすい環境にあります。
そのためホルモンバランスの影響をダイレクトに受けてしまうので、黒ずみやすいのですね。
ホルモンバランスが乱れているかどうかは自分では判断が難しいですが、下着や脱毛処理に黒ずみの原因が思い当たらない場合はホルモンが関係している可能性があるので注意しましょう。

 

ビキニラインの黒ずみを解消する石鹸の選び方のポイントとは

 

ビキニラインは清潔に保つ必要がありますし、きちんと洗わないとターンオーバーが滞ってしまって黒ずみケアができません。

ですが、洗いすぎてしまったり洗浄力の強い成分で洗ってしまうと、逆にダメージを与えて黒ずみを悪化させることもあります。
そこで最近注目されているのが、ビキニラインの黒ずみを解消する成分が入った石鹸です。
黒ずみ専用の石鹸なら、普段と同じように洗うだけで黒ずみを改善できますが、いくつか種類があるので、選び方のポイントを押さえておきましょう。

 

黒ずみ解消のための石鹸を選ぶポイントは、ピーリング効果があることと肌に刺激を与えないことです。
黒ずみを解消するには、メラニン色素を排出させる働きをしてくれるターンオーバーを促進しなくてはいけません。
そのためには古い角質をしっかり落としてあげる必要があるのですが、角質落としに効果的なのがピーリングです。
黒ずみ解消のための石鹸には、フルーツ酸(AHA)など酸の力で角質を溶かし出す成分が配合されているものがありますから、こういった石鹸を選びましょう。
ちなみに、スクラブが入っているタイプもありますが、スクラブは肌への刺激が強すぎて黒ずみが悪化するかもしれないので使うのは止めましょう。

 

次に肌への刺激ですが、合成界面活性剤など添加物が入っている石鹸で洗うと、肌への刺激につながります。
またアルカリ性の石鹸だと、弱酸性の肌にとっては刺激となるので、できるだけ無添加で弱酸性の石鹸を選ぶようにしてください。