秋冬につらいバストトップのひび割れを改善した体験談

乾燥する季節になると、バストトップにひび割れが入って裂けてしまうのが悩みでした。

傷が一つ治っても、下着とこすれたり彼氏にいじられたりした時にまた裂けてしまい、すごく痛くて、どうしていいか分からずにいました。

ひどい場合には血がにじむこともあり、絆創膏を貼って治していたものの、皮膚自体がもろくなっていたので、しばらくするとまた何かの拍子に新しい傷ができるのでお手上げ状態でした。

授乳中に乳首が裂けてしまう話は本で読んだことがあったものの、妊娠も出産も経験していないのに乾燥してしまう例は聞いたこともなく、誰にも相談できずにいました。皮膚科に行くのも、なんだか恥ずかしくてできませんでした。

乾燥が原因なので、バストトップと周りの皮膚が乾かないよう、毎日朝とお風呂上りに乳液を塗るようにしました。

始めは傷に乳液がしみたので、低刺激のものに変えて続けたところ、2、3か月ほどで乳首にうるおいと弾力が戻り、下着とこすれてもケガをすることがなくなりました。

今ではもっと早く始めればよかったと思っているほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください